« 2007年11月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月22日 (金)

如来寿量品第十六(3)

故不爲現身
令其生渇仰
因其心戀慕
乃出為説法

こふいげんしん
りょうごしょうかつごう
いんごしんれんぼ
ないしゅついせっぽう

故に爲に身を現ぜずして
其れをして渇仰を生ぜしむ
其の心戀慕するに因って
乃ち出でて爲に法を説く

かるがゆえにためにみをげんぜずして
それをしてかつごうをしょうぜしむ
そのこころれんぼするによって
すなわちいでてためにほうをとく

So I do not show myself,
Making them adore and yearn for me
Until they are full of longing.
Then I appear to teach the Dharma for them.

神通力如是
於阿僧祇劫
常在霊鷲山
及餘諸住處

じんつうりきにょぜ
おあそうぎこう
じょうざいりょうじゅせん
ぎゅうよしょじゅうしょ

神通力是の如し
阿僧祇劫に於て
常に霊鷲山
及び餘の諸の住處にあり

じんつうりきかくのごとし
あそうぎこうにおいて
つねにりょうじゅせん
およびもろもろのじゅうしょにあり

Such are my divine powers.
Throughout countless eons,
I have always lived on Holy Eagle Peak
And in various other places.

衆生見劫盡
大火所燒時
我此土安穏
天人常充滿

しゅじょうけんこうじん
だいかしょしょうじ
がしどあんのん
てんにんじょうじゅうまん

衆生劫盡きて
大火に焼かるると見る時も
我が此の土は安穏にして
天人常に充滿せり

しゅじょうこうつきて
だいかにやかるるとみるときも
わがこのどはあんのんにして
てんにんつねにじゅうまんせり

When the living witness the end of eon,
When everything is consumed in a great fire,
This land of mine remains safe and tranquil,
Always filled with human and heavenly beings.

園林諸堂閣
種種寳荘厳
寳樹多花果
衆生所遊樂

おんりんしょどうかく
しゅじゅほうしょうごん
ほうじゅたけか
しゅじょうしょゆらく

園林諸の堂閣
種種の寳をもって荘厳し
寳樹花果多くして
衆生の遊樂するところなり

おんりんもろもろのどうかく
しゅじゅのたからをもってしょうごんし
ほうじゅけかおおくして
しゅじょうのゆらくするところなり

Its gardens and groves, halls and pavilions,
Are adorned with all kinds of gems.
Jeweled trees are full of flowers and fruit,
And living beings freely enjoy themselves.

諸天撃天鼓
常作衆伎樂
雨曼荼羅華
散佛及大衆

しょてんきゃくてんく
じょうさしゅうぎがく
うまんだらけ
さんぶつぎゅうだいしゅ

諸天天鼓撃って
常に諸の伎樂を作し
曼荼羅華を雨らして
佛及び大衆に散ず

しょてんてんくをうって
つねにもろもろのぎがくをなし
まんだらけをふらして
ほとけおよびだいしゅにさんず

Gods bear on heavenly drums,
Always making various kinds of music.
Mandarava blossoms rain down
And are scattered over the Buddha and great assembly.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

如来寿量品第十六(2)

衆生既信伏
質直意柔軟
一心欲見佛
不自惜身命

しゅじょうきしんぶく
しちじきいにゅうなん
いっしんよくけんぶつ
ふじしゃくしんみょう

衆生既に信伏し
質直にして意柔軟に
一心に佛を見たてまつらんと欲して
自ら身命を惜しまず

しゅじょうすでにしんぷくし
しちじきにしてこころにゅうなんに
いっしんにほとけをみたてまつらんとほっして
みずからしんみょうをおしまず

And when the living have become faithful,
Honest and upright and gentle,
And wholehearted want to see the Buddha,
Even at the cost their own lives.

時我及衆僧
倶出霊鷲山

じがぎゅうしゅそう
くしゅつりょうじゅせん

時に我及び衆僧
倶に霊鷲山に出ず

ときにわれおよびしゅそう
ともにりょうじゅうせんにいず

Then, together with the assembly of monks
I appear on Holy Eagle Peak.

我時語衆生
常在此不滅
以方便力故
現有滅不滅

がじごしゅじょう
じょうざいしふめつ
いほうべんりきこ
げんうめつふめつ

我時に衆生に語る
常に此にあって滅せず
方便力を以ての故に
滅不滅ありと現ず

われときにしゅじょうにかたる
つねにここにあってめっせず
ほうべんりきをもってのゆえに
めつふめつありとげんず

Then I tell all the living
That I am always here, not extinct.
Yet by the power of skillful means
I reveal both extinction and non-extinction.

餘國有衆生
恭敬信樂者
我復於彼中
爲説無上法

よこくうしゅじょう
くぎょうしんぎょうしゃ
がぶおひちゅう
いせむじょうほう

餘國に衆生の
恭敬し信樂する者あれば
我復彼の中に於て
爲に無上の法を説く

よこくにしゅじょうの
くぎょうししんぎょうするものあれば
われまたかのなかにおいて
ためにむじょうのほうをとく

If there are living beings in other lands
Who are reverent and sincere in their faith,
Then among them as well
I will teach the unexcelled Dharma.

汝等不聞此
但謂我滅度
我見諸衆生
沒在於苦海

にょとうふもんし
たんにがめつど
がめんしょしゅじょう
もつざいおくかい

汝等此れを聞かずして
但我滅度すと謂えり
我諸の衆生を見れば
苦海に沒在せり

なんじこれをきかずして
ただわれめつどすとおもえり
われもろもろのしゅじょうをみれば
くかいにもつざいせり

Not hearing about this,
You think only that I am extinct.
When I look at living beings,
I see them drowning in a sea of suffering.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

如来寿量品第十六(1)

自我得佛來
所経諸劫數
無量百千萬
億載阿僧祇

じがとくぶつらい
しょきょうしょこっしゅ
むりょうひゃくせんまん
おくさいあそうぎ

我佛を得てより來
経たる所の諸の劫數
無量百千萬
億載阿僧祇なり

われほとけをえてよりこのかた
へたるところのもろもろのこっしゅ
むりょうひゃくせんまん
おくさいあそうぎなり

Since I became a buddha,
Innumerable hundreds of thousands
Of billions of countless
Numbers of eons have passed.

常説法教化
無數億衆生
令入於佛道
爾來無量劫

じょうせっぽうきょうけ
むしゅおくしゅじょう
りょうにゅうおぶつどう
にらいむりょうこう

常に法を説いて
無數億の衆生を教化して
佛道に入らしむ
爾しより來無量劫なり

つねにほうをといて
むしゅうおくのしゅうじょうをきょうけして
ぶつどうにいらしむ
しかしよりこのかたむりょうこうなり

For countless eons I have taught the Dharma ceaselessly,
Teaching and transforming
Innumerable hundreds of millions of living beings,
Enabling them to enter the Buddha way.

為度衆生故
方便現涅槃
而實不滅度
常住此説法

いどしゅじょうこ
ほうべんげんねはん
にじつふめつど
じょうしゅうしせっぽう

衆生を度せんが為の故に
方便して涅槃を現ず
而も實には滅度せず
常に此に住して法を説く

しゅじょうをどせんがためのゆえに
ほうべんしてねはんをげんず
しかもじつにはめつどせず
つねにここにじゅうしてほうをとく

In order to liberate the living,
As a skillful means I appear to enter nirvana.
Yet truly I am not extinct.
I am always here teaching the Dharma.

我常住於此
以諸神通力
令顛倒衆生
雖近而不見

がじょうじゅうおし
いしょじんつうりき
りょうてんどうしゅじょう
すいごんにふけん

我常に此に住すれども
諸の神通力を以て
顛倒の衆生をして
近しと雖も而も見ざらしむ

われtねにここにじゅうすれども
もろもろのじんつうりきをもって
てんどうのしゅじょうをして
ちかしといえどもしかもみざらしむ

I am always here.
But due to my divine powers
Preserve living beings fail to see me
Even though I am close.

衆見我滅度
廣供養舎利
咸皆懐戀慕
而生渇仰心

しゅけんがめつど
こうくようしゃり
げんかいえれんぼ
にしょうかつごうしん

衆我が滅度を見て
廣く舎利を供養し
咸く皆戀慕を懐いて
渇仰の心を生ず

しゅうわがめつどをみて
ひろくしゃりをくようし
ことごとくみなれんぼをいだいて
かつごうのこころをしょうず

When the many see me as extinct
They make offerings to my remains everywhere.
All long for me,
Adore and yearn for me.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

佛説觀普賢菩薩行法経(4)

無量の勝方便は
實相を思うに從って得
此の如き等の六法を
名けて六情根とす

むりょうのしょうほうべんは
じっそうをおもうによってう
かくのごときらのろっぽうを
なづけてろくじょうこんとす

Innumerable excellent skillful means will be obtained
By reflecting on the true nature of things.
These so-called six methods
Purify the six sense organs.

一切の業障海は
皆妄想より生ず
若し懺悔せんと欲せば
端坐して實相を思え

いっさいのごうしょうかいは
みなもうぞうよりしょうず
もしさんげせんとほっせば
たんざしてじっそうをおもえ

The whole ocean of hindrances from past actions
Arises from illusion.
If you want to repent, you should sit upright
And reflect on the true nature of things.

衆罪は霜露の如し
慧日能く消除す
是の故に至心に
六情根を懺悔すべし

しゅうざいはそうろのごとし
えにちよくしょうじょす
このゆえにししんに
ろくじょうこんをさんげすべし

All sin are like frost and dew.
The sun of wisdom can dissipate them.
For this reason, with all your heart
You should repent of the six senses.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佛説觀普賢菩薩行法経(3)

若し折伏せんと欲せば
当に勤めて大乗を誦し
佛の大覺身
力・無畏の所成を念じたてまつるべし

もししゃくぶくせんとほっせば
まさにつとめてだいじょうをじゅし
ほとけのだいかくしん
りき・むいのしょじょうをねんじたてまつるべし

If you want to subdue it,
You should make an effort to recite the Great Vehicle,
Keeping in mind the Buddha's great awakened body,
His power, and his freedom from fear.

身は為れ機関主
塵の風に随って轉ずるが如し
六賊中に遊戯して
自在にしてさわりなし

みはこれきかんのしゅ
ちりのかぜにしたがっててんずるがごとし
ろくぞくなかにゆけして
じざいにしてさわりなし

The body, master of its organs,
Dances freely among these six harmful faculties
Without obstacles,
Like dust swirling in the wind.

若しこの惡を滅して
永く諸の塵労を離れ
常に涅槃の城に處し
安樂にして心淡白ならんと欲せば

もしこのあくをめっして
ながくもろもろのじんろうをはなれ
つねにねはんのしろにしょし
あんらくにしてこころたんぱくならんとほっせば

If you want to be rid of these evils,
Long separated from dirt and trouble,
Even in the comfort of nirvana,
And at ease with calm heart.

まさに大乗經を誦して
菩薩の母を念ずべし

まさにだいじょうきょうをじゅし
ぼさつのははをねんずべし

You should recite the Great Vehicle sutras
And keep in mind the mother of bodhisattvas.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

佛説觀普賢菩薩行法經(2)

鼻根は諸香に著して 染に随って諸の觸を起こす
此の如き狂惑の鼻 染に隨って諸塵を生ず

びこんはしょこうにじゃくして ぜんにしたがってもろもろのそくをおこす
かくのごときおうわくのはな ぜんにしたがってしょじんをしょうず

The nose atached to scents.
In accord with its contamination, contacts occur.
In this way the deluded nose, in accord with its contamination,
Gives birth to all kinds of entanglement.

若し大乗經を誦し 法の如實際を觀ぜば
永く惡行を離れて 後世に復生ぜじ

もしだいじょうきょうをじゅし ほうのにゅじっさいをかんぜば
ながくあくぎょうをはなれて ごせにまたしょうぜじ

If you recite the Great Vehicle sutras
And meditate on the reality things,
You will long be free from evil actions done in the past
And not do them in future lives.

舌根は五種の 惡口の不善業を起こす

ぜっこんはごしゅの あっくのふぜんごうをおこす

The tongue causes five kinds of bad consequences
From harsh words spoken in the past.

若し自ら調順せんと欲せば 勤めて慈悲を修し
法の眞寂の義を思うて 諸の分別の想いなかるべし

もしみずからじょうじゅんせんとほっせば つとめてじひをしゅうし
ほうのしんじゃくのぎをおもうて もろもろのふんべつのおもいなかるべし

If you want to control it yourself,
You should make an effort to practice compassion,
Think of the meaning of the true quiescence of things,
And not conceive by making distinctions.

心根は猿猴の如くにして 暫くも停まる時あることなし

しんこんはおんこうのごとくにして しばらくもとどまるときあることなし

The mind is like a monkey,
Never resting for a moment.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

佛説觀普賢菩薩行法経(1)

若し眼根の あって 業障の眼不淨ならば
但當に大乗を誦し 第一義を思念すべし

もしげんこんのあくあって ごうしょうのまなこふじょうならば
ただまさにだいじょうをじゅし だいいちぎをしねんすべし

If you have evil in your eyes,
Impure with hindrances from actions in the past,
You should recite the Great Vehicle
And reflect on its first principle.

是れを眼を懺悔して 諸々の不善業を盡くすと名く

これをまなこをさんげして もろもろのふぜんごうをつくすとなづく

This is called eye repentane.
It exhausts past bad actions.

耳根は亂聲を聞いて 和合の儀を壊亂す
是れに由って狂心を起こすこと 猶お嶷なる猿猴の如し

にこんはらんしょうをきいて わごうのぎをえらんす
これによっておうしんをおこすこと なおおろかなるおんこうのごとし

When the ears hear noise,
The principle of harmonyny is upset.
This produces crazeiness,
Like that of a foolish monkey.

但當に大乗を誦し 法の空無相を觀ずべし
永く一切の惡を盡くして 天耳をもって十方を聞かん

ただまさにだいじょうをじゅし ほうのくうむそうをかんずべし
ながくいっさいのあくをつくして てんにをもってじっぽうをきかん

You should recite the Great Vehicle
And meditate on the emptimess and formlessness of things,
To exhaust all evils for a long time,
And hear sounds from all directions with heavenly ears.

(出典:妙法蓮華経併開結、THE LOTUS SUTRA by Gene Reeves)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2012年7月 »